ストキャスティクス

ストキャスティクスとは*ジョージ・レーンによって開発されたオシレーター系のテクニカル指標です。
*ラリー・ウィリアムズの著書の中では開発者はジョージ・レーンではないとの記述がある。

ストキャスティクスはオシレーター系指標の特徴である、売られすぎ・買われすぎのサインを出して
くれますが、モメンタムやRSIとは違い、ストキャスティクスは2本の線を用いてその線のクロスを
売買サインとします。

ストキャスティクスの見方


 

ストキャスティクスの売買サイン

・%Kが%Dを上抜いた地点が買いサイン
・%Kが%Dを下抜いた地点が売りサイン

 

買われ過ぎ売られ過ぎ水準

・%Kが75%以上の時は買われ過ぎ水準
・%Kが25%以下の時は売られ過ぎ水準

 

買われ過ぎ、売られすぎの水準(ストキャスティクスの%D75%以上又は25%以下)での
ストキャスティクスの売買サインのみに従う方が騙しは減ります。
・%Kが75%以上(買われ過ぎ)の時のストキャスティクスの売りサイン
・%Kが25%以下(売られ過ぎ)の時のストキャスティクスの買いサイン

 

 

 

ストキャスティクスの計算方法


%K =(当日終値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)×100
%D =A÷B×100
A=(当日終値-N日間の最安値)のH日間合計、B=(N日間の最高値-N日間の最安値)のH日間合計。

スローストキャスティクスの計算方法
ストキャスティクスと同様の計算をします。スローストキャスティクスでは%Dラインを単純平均しSDラインを算出します。
3日平均の例
SDライン =(当日%D+前日%D+2日前%D)÷3
FX会社60社の比較・資料請求サイト
外国為替証拠金取引の外為オンライン
外国為替
FXCM
FX7サービス