RSI

RSI(Relative Strength Index)(相対力指数)


RSI(相対力指数)はJ・W・ワイルダー(米国・テクニカルアナリスト)に開発されたテクニカル指標です。
過去の値動き幅に対する上昇幅の割合をグラフ化したものです。
RSIの見方は売られ過ぎ/買われ過ぎ水準、逆行現象、相場の強弱などです。
買われ過ぎ/売られ過ぎ水準
・RSIが70%以上の時が買われ過ぎ水準
・RSIが30%以下の時が売られ過ぎ水準

RSI逆行現象


・逆行現象とはトレンドの終息又はトレンド転換のサイン
 価格は上昇(下降)しているがRSIは下降(上昇)しRSIが値動きと逆行している状態
 相場が天井圏/底値圏で推移している時の逆行現象の方が信頼度は高い

RSIで相場の強弱をみる


・RSIが50%以上という事は計算期間内は値下がり幅より値上がり幅が大きかったことを示す。
 従って50%以上では相場は上昇傾向にある又は50%以下では相場は下降傾向にあると判断できる。

RSIの計算方法


RSIの計算方法は何通りかあるようです。
値上がり幅、値下がり幅の計算には通常は前日の終値と当日の終値を使用します。
Aパターン
RSI=N日間の値上がり幅平均÷(N日間の値上がり幅平均+N日間の値下がり幅平均)×100

Bパターン
一日目
RSI=N日間の値上がり幅平均÷(N日間の値上がり幅平均+N日間の値下がり幅平均)×100
二日目以降 (A=一日目のN日間の値上がり幅平均 B=一日目のN日間の値下がり幅平均
RSI=(A×(N-1)+当日の値上がり幅)÷((A×(N-1)+当日の値上がり幅)÷N+(B×(N-1)+当日の値下がり幅)÷N)

ワイルダーのテクニカル分析入門

 

RSI、ADX開発者自身による伝説の書! ワイルダーの古典をついに完全邦訳

 

ワイルダーが考案した画期的な6つのシステム(パラボリック・タイム/プライス・ システム、ボラティリティ・システム、ディレクショナル・ムーブメント・システ ム、トレンド・バランス・ポイント・システム、リアクション・トレンド・システ ム、スイング・インデックス・システム)を詳細に紹介!

 

 

「テクニカル・トレーディングの第一人者がその研究成果をまとめて出版した、従来 のシステムに飽き足らないトレーダーがぜひ読むべき本」(フォーブス誌)

 

FX会社60社の比較・資料請求サイト
外国為替証拠金取引の外為オンライン
外国為替
FXCM
FX7サービス