米国 住宅着工件数

住宅着工件数(Housing Starts)

発表機関  商務省センサス局
統計時期  月次
発表時期  翌月の第3週

ポイント  景気動向に敏感であり、景気変動を把握する際に利用される。個人消費動向にも影響が大きい。

詳細   
該当月に建設が開始された新築住宅件数を示す。公共住宅は除いて考える。一戸建て・集合住宅の区別をつけ、地域別に発表される。計数は、季節調整済みの年率換算したベースで発表される。

注目点
住宅投資が活発化すると、家具・電気製品等への波及効果も生じるため、景気動向と密接な関連性を持つ。また、金利にも左右される。天候の影響を強く受けるため、トレンドを把握する際は3ヶ月移動平均が利用される事が多い。一般に、「金融緩和→金利低下→住宅着工件数の増加→景気の拡大→金融引締め→金利上昇→住宅着工件数の減少→景気の後退」という経過を辿る。
住宅建築許可件数、新築住宅販売高、中古住宅販売高等も景気に対する先行性が高いと言われる。


FX会社60社の比較・資料請求サイト
外国為替証拠金取引の外為オンライン
外国為替
FXCM
FX7サービス